酪農学園大学社会連携センター アーカイブサイト > 全件 > 国際交流 > 体験談 > 現地レポート(留学) > [留学・現地レポート]アルバータ大学VSCPプログラム(4月報告書)

Topics

掲載日:2011.04.21

[留学・現地レポート]アルバータ大学VSCPプログラム(4月報告書)

アルバータ大学VSCPプログラム(4月報告書)
生命環境学科4年 大塚 冬花

 今月も体調を崩すこともなく元気に過ごすことが出来ました。また、気温も徐々に暖かくなり始め、北海道の春と少し似た気持ちの良い季節になってきました。4月の報告をいたします。
<語学学校 3/7~4/21>
 今月は4月13日にファイナルプレゼンテーション、4月21日にファイナルテストがありました。はじめにファイナルプレゼンテーションについてです。テーマはアルバータの関心のある建物や場所を一つ選び2~3人一組のグループで実際に訪問し、インタビューなどをし、それらをまとめたものを発表するというものでした。私たちのグループはEdmonton Art gallery を選び、学芸員や訪問者などにインタビューをし、それらをまとめて、パワーポイントをつくるために、放課後や休日に何回か集まりプレゼンの準備をしました。1人につき15分間話さなくてはいけなかったので、なかなか準備が大変でした。また、3人の意見が食い違うことがしばしばあり、国や文化が違う生徒とのグループワークの大変さと面白さの両方を体験しました。
次にファイナルテストについてです。ファイナルテストはReadingとWriting、Listening、Speakingの総合点で評価されます。Speakingのテストはカナダに来たばかりのときに受けたプレスメントテストと比較すると少し成長したのではないかと思います。
このターム最後の授業ではpotluck party(持ち寄りパーティ)をして、様々な国の料理を食べることが出来、大変楽しかったです。

ESLクラスにて(Potluck)


<授業以外の生活について>
毎週日曜日にホストファミリーと一緒にクリスチャンの教会に行っています。(私は仏教ですが・・。)たくさんのカナダ人と話したり、話を聞いたりと、たくさんのネイティブの人々と話す良い機会なので大変ためになります。また、その教会で友達になった方から招待してもらいcolor night party という、私たちと同世代の人たちが集まる少しフォーマルなパーティーにも参加することが出来ました。語学学校ではネイティブの人たちと話す機会が少ないのでとても良い経験ができました。

Color night partyにて


<Vacation 4/22~5/5 >
次のタームが始まるまでの間に2週間ほどの休みがあり、5日間の旅行に行きました。バンフとカルガリーにそれぞれ2泊ずつ宿泊しました。
バンフはとても自然豊かで、野生動物(エルクやリス、ウサギなど)を見ることができます。バンフではのんびりと川岸の道を歩いてみたり、Lake louiseという湖に行き、まだ凍っていることにショックを受けたことを覚えています。カルガリーという町は、古い建物と現代的な高層ビルのどちらも存在していて、ところどころに芸術的なモニュメントや現代美術の作品があるなど、歩いていると様々な発見がある大変楽しい街です。
自分でホテルやバスの予約をして、旅行に行くことは初めは大変なことだと思っていましたが、この経験もまた一つの自信になると思いました。

4月を終えて・・。
報告書を書いていると、あっという間に1か月が過ぎてしまったなとつくづく実感します。
悔いが残らないように、常にベストをつくして頑張ります。

酪農学園大学社会連携センター(2011.04.21)|体験談, 全件, 国際交流, 現地レポート(留学)

このページのTOPへ戻る