Topics

掲載日:2019.02.26

2018年度「家庭菜園講座」を開催

2019年2月23日(土) 9時より2018年度「家庭菜園講座」が本学C1号館101教室にて開催されました。本講座はテレビ会議システムを用いて余市町農村活性化センター「メッセ・アップルドリーム」と中継を結び、江別市まで足を運ばずとも受講できるスタイルをとり本学会場に56名、余市会場に5名の計61名に受講していただきました。講義は2種類あり、講師は本学循環農学類園田高広教授と本学循環農学類義平大樹教授が務められました。



園田教授の講義は「彩野菜の育て方~トマトとアスパラガスを中心に~」と題し、まず野菜の栽培を行うには栽培計画が重要であることや、圃場の選び方、連作障害についてお話されました。
トマトに関しては品種によって味も大きさも全く違うとお話され、良い苗の選び方や植え付け方法についても教えてくださいました。



義平先生は「おいしい枝豆、スイートコーンの作り方」と題して枝豆の栽培管理や枝豆における品種と味の違いについてお話され、播種のタイミングや収穫適期についても講義されました。スイートコーンについても同様に講義され、その後事前に募集した質問に回答され講義は終了しました。



本講座をもって2018年度の市民公開講座は全て終了となりました。今年度も多数のご参加をいただき、誠にありがとうございました。2019年度の市民公開講座も魅力あるものを企画しておりますので、多くの皆様のご参加をお待ちしております。詳細が決まりましたら、ホームページ等でお知らせいたしますので、どうぞご期待ください。

酪農学園大学社会連携センター(2019.02.26)|お知らせ, 全件, 生涯学習

このページのTOPへ戻る